あなたの歯は健康?簡単オーラルケア方法2点!

あなたの歯は健康?簡単オーラルケア方法2点!

歯が痛くならないと歯医者には行きたくない。
毎日ちゃんと歯磨きをしていれば歯医者に行く必要はない。

 

そう思って日々を過ごしている人は少なくは無いでしょう。
筆者の私もそのうちの一人でした。

 

ある日突然、奥歯が疼きだし歯医者さんに駆け込んでみるとお口の中は虫歯だらけ。
歯周ポケットは開きまくりで、大変なことになっていました。
1年半治療に通い虫歯は無くなり歯茎も少しだけ締りはじめました。
歯医者さんからは定期的にケア通院をするようにと促されたのは言うまでもなく・・・

 

そこで私が歯医者さんに教えて頂いたお口の中の健康法・オーラルケア方法を御紹介したいと思います!

 

たった2つのこと、しかも簡単なケアでお口の中が健康になるのであれば試してみる価値ありです。

 

1・糸ようじ

 

一般的に知られたケア方法です。
糸ようじと呼ばれる楊枝状態の物や、デンタルフロスと呼ばれる糸だけの物があります。
私は歯並びが悪いためデンタルフロスを愛用しています。

 

糸ようじの効果は、歯ブラシでは取り除けない汚れをかき出し歯周ポケットの開きを軽減し歯と歯の間の虫歯の予防になるということです。
奥歯のケアは慣れるまで大変ですが、慣れれば簡単。歯ブラシの後に1分程度で終えることが出来ます。

 

こんなに汚れが?と最初は驚くこともあるかと思いますが、継続することで汚れもすこしずつ減っていきます。
歯に物が詰まりやすい方には是非お勧めしたい方法です。

 

2・マウスウォッシュ

 

こちらも一般的な方法で、薬局に行くと様々な種類な物が販売されています。
口臭予防のために使用されている方が多いのではないでしょうか。

 

確かに口臭の予防にはなるのですが、もうひとつ歯茎の締りを良くするという効果があるのです。
私は歯周ポケットが開き気味で軽い知覚過敏を伴っており、しみるのを避けるためノンアルコールの商品を愛用しています。
歯ブラシ、糸ようじのあとに20秒ほど口に含んで濯ぐだけで、なんだか歯茎の色が健康的になってきました。

 

イメージとしては虫歯菌が入る隙間を無くす、といった感じでしょうか。
これは、お口の中もさっぱりと爽やかな気分になるので是非とも取り入れて頂きたいケア方法です。

 

どちらも一般的に知られているケア方法ですが、毎日実践されている方はどれくらいいるのでしょうか?
歯医者さん曰く、朝昼晩の毎日3回必ずやらなくても良いので夜の歯磨きの後に二手間加えるだけでお口の中の健康は保てるそうです。

 

一日一回だけなら何だか続けられそうですよね!
一日の終わりに二手間加えるだけで、虫歯で歯医者さんに行く回数を減らせるのであれば、これは頑張るしかないですね!

 

簡単二手間オーラルケアで「口臭も軽減」「歯も健康」のお口美人を目指しましょう!