運動で効率よく体脂肪を落とす方法

運動で効率よく体脂肪を落とす方法

暑い季節ももうすぐ終わり、外出しやすい季節がやってきました。せっかくなら、この活動しやすい季節に効率よく体脂肪を落としましょう。

 

 

ダイエットの方法は様々ですし、効果には個人差がありますが、科学的に効率の良い方法を紹介します。「痩せたい」「脂肪を落としたい」と思って最初に思い浮かぶのって、やっぱりランニングやウォーキングです。身体を動かして汗をかいて痩せる、間違いではないです。ですが、もっと効率のよい方法が、ランニングやウォーキングをする前に筋トレをすることです。

 

 

人はエネルギー養分として糖分を蓄えており、身体を動かしたり運動をするとまず糖分から消費し始めます。そして、糖分がなくなってしまうと脂肪をエネルギーとして消費し始めます。しかし、ランニングやウォーキングでは長時間継続して行わないとなかなか糖分を消費しきれません。それに比べて、筋トレは糖分をより多く消費します。逆に脂肪の消費は多くは望めません。

 

 

つまり、始めに筋トレをして糖分を消費し、次にランニングやウォーキングで脂肪分を消費するというやり方が効率がよいというわけです。さらに、筋トレの前にはより筋肉を動かせるようにストレッチをするといいでしょう。運動をする前にストレッチをするというのはよく聞く話かもしれませんが、ちゃんと理由があります。第一にケガをしないために、ウォーミングアップも兼ねてします。

 

 

それに加えて、ストレッチをすることで筋肉の可動範囲が大きくなります。ですから、筋トレやランニング等をしたときにより筋肉が大きく働くので効果が上がることが期待できます。もちろん、運動し終わった後にもクールダウンとしてストレッチをしてください。つまり流れとしてはこうです。「ストレッチ」「筋トレ(無酸素運動)」「ランニングやウォーキング(有酸素運動)」「ストレッチ」という流れです。所説ありますし、これで絶対痩せるとは言い切れませんが、根拠のある話なので期待できるでしょう。

 

 

またダイエットが目的で筋トレをする人と、筋肉増量が目的で筋トレをする人ではやり方が違います。簡潔にいうと、重りの重さや回数等が違います。ダイエットが目的の人は、少し軽めの重りを15〜20回ほど上げます。少し軽めの目安は、15回スムーズに上げられるくらいです。筋肉増量が目的の人は、少し重めの重りを8〜10回ほど上げます。少し重めの目安は、8回ギリギリ上げられるくらいです。

 

 

これをそれぞれ2〜3セット繰り返します。慣れてきたら少しずつ重たくしたり回数を増やしたりします。これも所説ありますし、効果に個人差はあるでしょうが、方法の一つとしてご紹介します。結局は、何でも継続が重要ですので、自分の身体を考慮したうえで続けることも必要でしょう。